建築設備展2018「未来の設備機器ってどんなもの?」

建築設備展2018「未来の設備機器ってどんなもの?」2018年11月2日(金)・3日(土)10:00~18:00(3日は16:00閉場)会場:サンポート高松 入場無料

1.イベントの概要

一般社団法人香川県設備設計事務所協会では、省エネルギー・環境・防災に配慮した建築設備の展示や大規模災害に備えたBCP策定計画、環境保全に関するセミナー等を建築設備展として隔年で実施しています。

また、国内の温室効果ガス排出削減へ寄与するため、2012年に開催のイベントより継続して、来場者・スタッフの移動、イベントで使用する電力、ごみの処理、必要な展示物の移送に伴って排出されるCO2を開催地である高松市内で創出されたJ-クレジットを活用し、カーボン・オフセットしています。

2.主催者

3.カーボン・オフセットの内容

種類 排出量
①会場での電力使用に伴い発生するCO2 2.66 t-CO2
②スタッフの会場への車移動に伴い排出されるCO2
(60名、3日間)
4.17 t-CO2
③展示物搬入・搬出に伴い排出されるCO2 1.72 t-CO2
④来場者の電車の移動に伴い排出されるCO2
(5,000名相当)
6.42 t-CO2
⑤イベントで発生するゴミの処理に伴い排出されるCO2 1.16 t-CO2
合計 16.13 t-CO2

20 t-CO2(20,000kg-CO2)のJ-クレジットを活用して、カーボン・オフセットを行います。

【無効化量】20 t-CO2

【CO2の発生】来場者・スタッフの移動、イベントで使用する電力、ごみの処理、必要な展示物の移送【CO2の相殺】高松市内で創出されたJ-クレジット

4.情報発信

チラシを配布することで情報発信を行っています。

5.お問い合わせ先

主催者 一般社団法人 香川県設備設計事務所協会
詳しくはこちら
お問い合わせ先 カーボンオフセット実施支援(四国経済産業局委託先)
PwC あらた有限責任監査法人
03-6212-6800pwc.jp.sustainability@jp.pwc.com