CDP・SBT・RE100とは

CDP 再エネ電力・再エネ熱由来のJ-クレジットはCDP質問書・SBTに再エネ量として報告できます RE100 再エネ電力由来のJ-クレジットはRE100達成のために再エネ調達量として報告できます

CDPとは

CDPは、投資家向けに企業の環境情報の提供を行うことを目的とした国際的なNGO。気候変動等に関わる事業リスクについて、企業がどのように対応しているか、質問書形式で調査し、評価したうえで公表するものです。

SBTとは

SBT(Science Based Targets)とは、パリ協定(世界の気温上昇を産業革命前より2℃を下回る水準(well Below 2℃)に抑え、また1.5度に抑えることを目指すもの)が求める水準と整合した、5年~15年先を目標として企業が設定する、温室効果ガス排出削減目標のことです。

RE100とは

RE100とは、事業活動で使用する電力を、全て再生可能エネルギー由来の電力で賄うことをコミットした企業が参加する国際的なイニシアチブです。

CDP・SBT・RE100に対して活用可能なJ-クレジット

CDP・SBTでは、再エネ電力や再エネ熱由来のJ-クレジットを、再エネ調達量として報告することができます。
具体的には、他者から供給された電力、熱(Scope2)に対して、それぞれ再エネ電力、再エネ熱由来のJ-クレジットを使用することができます。

RE100では、再エネ電力由来のJ-クレジットを、再エネ調達量として報告することができます。
具体的には、RE100において再エネ化の対象である、自家発電した電力(Scope1)と他者から供給された電力(Scope2)の両方に再エネ電力由来のJ-クレジットを使用することができます。

  CDP・SBT RE100
再エネ電力由来J-クレジット
再エネ熱由来J-クレジット -

再エネ電力、再エネ熱由来のJ-クレジットとは

再生可能エネルギーに由来するJ-クレジットのうち、太陽光発電やバイオマス発電のように、電力を自家消費したプロジェクトに由来するものが再エネ電力由来クレジットです。
再生可能エネルギーに由来するJ-クレジットのうち、バイオマスボイラーのように、熱を自家消費したプロジェクトに由来するものが再エネ熱由来クレジットです。

売り出しクレジット一覧認証一覧の「再エネ(電力)」欄(下表の赤枠内)に記載のあるものが再エネ電力由来のクレジットで、同じく「再エネ(熱)」欄(下表の青枠内)に記載のあるものが再エネ熱由来のクレジットです。

売り出しクレジット一覧の抜粋(例)

売り出しクレジット一覧の抜粋(例)

CDP・SBT・RE100に活用するための方法(無効化書類の書き方)

再エネ電力、再エネ熱由来クレジットをCDP・SBT・RE100で活用する方法は、下記のとおりです。

  1. 再エネ電力由来のクレジットの調達

    クレジットをまだ保有されていない方は、入札取引により調達できます。「CDP・SBT・RE100に対して活用可能なJ-クレジット」を参考に、活用したい目的ごとに必要な種類のクレジットを調達してください。

  2. 調達したクレジットを無効化

    無効化処理を行った再エネ電力、再エネ熱由来のクレジットがCDP・SBT・RE100での活用対象となります。

    無効化申請書内の「無効化の目的」欄に、以下を参考に必要事項を記載して申請してください。

    無効化書類の書き方
  3. 報告に活用する書類の発行※2018年9月現在

    2018年9月現在、無効化通知書に再エネ電力量・再エネ熱量を記載する欄がありません。無効化通知書に再エネ電力量・再エネ熱量記載欄が追加されるまでは、J-クレジット制度事務局より再エネ電力量・再エネ熱量を記載した書類を別途発行しますので、ご活用ください。

    • J-クレジット登録簿システムでは、2018年9月現在、無効化通知書に再エネ電力量・再エネ熱量を追記するための改修作業を実施しております。改修作業が完了いたしましたら、本HPにてお知らせする予定です。