• 創出
  • 住宅設備

(2018年02月時点)

J-クレジットで低炭素社会の構築!
世界へ誇れる大自然と生態系を次世代へ!

J-クレジット創出見込量

約99t-CO2/年(2018年度)
累計4,107t-CO2(2018年 - 2030年)

J-クレジット創出方法

太陽光発電設備により系統電力を代替することによりCO2排出量を削減する

(参考)J-クレジット制度における方法論ごとのプロジェクト登録件数(全国)

取組概要

トーラス株式会社は、削減量を集約するJ-クレジット制度のプログラム型に参加し、太陽光発電システムにより系統電力の一部を代替することでCO2排出量を削減します。創出したクレジットを環境保全活動に活用し、自然環境と生態系の保護、低炭素社会の構築など、よりよい地球環境づくりに貢献していきます。

  • 施工写真(屋根設置)施工写真(屋根設置)
  • 施工写真(カーポートタイプ)施工写真(カーポートタイプ)
  • 施工写真(土地設置)施工写真(土地設置)

制度参加のきっかけ

設立当初からのプロジェクトとして養殖サンゴの移植を実施し、エンドユーザー様と自然環境の価値を共有してきました。今回J-クレジット制度のプログラム型は沖縄県では初の登録で、PRと差別化による相乗効果が期待できます。また、創出したクレジットを自然環境保護活動に活用することにより、カーボン・オフセット、世界自然遺産登録への機運も高められるなど、持続的な低炭素社会の構築、次世代へ向けた環境配慮のメッセージになると思い、J-クレジット制度に参加にしました。

今後の展望・期待

  • 自立型エネルギーの普及、持続可能な社会の構築
  • 奄美大島・徳之島・沖縄島北部および西表島世界自然遺産登録を応援
  • 人と自然の調和を大切にし、自然環境を次世代に残す取り組みを目指します

活用事例

J-クレジット活用例

寄付による自然環境と生態系の保全活動