• 活用

(2016年09月現在)

高効率ガスシステムの導入によって創出されたクレジットを
地域イベントへのカーボン・オフセットで活用

  • 環境企業としてのPR効果
  • 企業評価向上
  • 地域活性化

大阪ガスは、省エネ・省CO2を推進し、低炭素社会を実現するためJ-クレジット制度を活用し、業務用・産業用のお客さまが高効率ガスシステムの導入によってCO2を削減することを支援しております。

  • 設備を導入することによって達成されるCO2削減量をJ-クレジットとして大阪ガスが購入(※)することにより、業務用・産業用のお客さまのCO2削減を促進していきます。
  • 購入したJ-クレジットは、地域イベントのカーボン・オフセットに活用しています。
  • J-クレジットの購入は、条件があります。

取組の概要

J-クレジット創出者(業務用・産業用のお客さま) →J-クレジットの売却 ←資金 大阪ガス株式会社 →J-クレジットの活用 イベントのカーボン・オフセット(供給エリア)

  • (1)

    J-クレジット購入によるお客さまの高効率設備の導入を支援

    業務用・産業用のお客さまは、高効率機器などの設備を導入することで、CO2排出量を削減し、J-クレジットとして創出が可能となります。そのJ-クレジットを大阪ガスが購入することで、お客さまは資金を得ることができ、CO2削減を促進していきます。

  • (2)

    地域イベント等でのカーボン・オフセットの実施

    大阪ガスでは、低炭素社会実現に向けて、地域の方々にも広く温暖化対策の様々な取組みを広く知っていただくため、購入したJ-クレジットを地域のイベントのカーボン・オフセットに活用しています。また、公的機関(※)との連携により、これら環境負荷の軽減の取組みを広く伝えています。

  • 兵庫県HPにおける当社クレジット創出やカーボン・オフセット事例の紹介など

取組実績

  • カーボン・オフセット量:3,079t-CO2(2015年度)

今後の展望

  • 大阪ガスは、今後とも引き続きJ-クレジットの創出とカーボン・オフセットへの取組みを推進し、低炭素社会の実現へ貢献してまいります。

クレジット創出者の声

CO2排出量を年間150t削減し、クレジット売買益と環境貢献の実感を得る

  • 大阪ガスにJ-クレジット制度への参加を薦めて頂き、古くなった灯油ボイラーを省エネで高効率な都市ガスボイラーに転換しました。ガスは灯油に比べて扱いやすい熱源であることから、燃料やボイラーの管理作業の負荷も大幅に削減され、エネルギー効率も大幅に改善されました。CO2の排出量も年間150t(工場全体の約20%相当)削減できました。
  • また創出したクレジットを購入頂き、地域のカーボン・オフセットに活用頂いていることで、環境に貢献していることも実感しています。これからも環境負荷を抑えながら、よりおいしいお酒を全世界に提供すべく、企業革新を図りたいと考えています。

菊正宗酒造株式会社 品質管理部 河合 照光

活用事例

各種イベントをカーボン・オフセット

  • 兵庫県・大阪ガス株式会社

    実施地域:兵庫県

  • 兵庫県は、「CO2削減協力事業(※)」を通じて、県内中小事業者と大規模事業者のマッチングを進めるとともに、CO2削減クレジットの活用(カーボン・オフセットイベントの開催等)を促進しています。
  • 県内では、エネルギー事業者が県内中小事業者から取得したCO2削減クレジット(J-クレジット)を活用し、地域のイベント等の開催に伴って排出されるCO2排出量を実質ゼロにするカーボン・オフセットに取り組んでいる事例があります。
  • CO2削減協力事業:兵庫県内の中小事業者が設備更新する際などに、兵庫県内の大規模事業者が、技術・資金などを支援し、その結果、中小事業者において削減できたCO2を、J-クレジット制度を活用して大規模事業者に移転する仕組みです。

兵庫県 温暖化対策課

その他の事例