• 活用

(2016年11月現在)

地域に密着した地方新電力として地域の事業者様を支援

  • 企業評価向上
  • 製品・サービス差別化
  • 温対法報告

鈴与商事は、静岡県内のCO2排出量削減プロジェクトにて創出されたJ-クレジットを活用した、CO2排出量ゼロによる電力供給を開始しました。

取組の概要

  • 鈴与商事は、平成26年4月より、小売電気事業者として地元静岡を中心とした電力供給を展開しておりますが、今般、富士宮市北山にて社有林の森林間伐促進プロジェクトに取り組む日本製紙株式会社様、木質バイオマスを導入したメロン農家様など、静岡県内にてCO2排出量削減プロジェクトに取り組む複数の事業者様より、プロジェクトにて創出されたJ-クレジットを買い受け、CO2排出量ゼロの電力へ変換した上で、当社の電力をご利用頂いているお客様に提供致します。
  • 具体的には、弊社の電力供給先であり、CO2排出量削減に取り組まれている、あいネットグループ様、株式会社ロジテムツムラ様の平成28年7月~9月の電力使用におけるCO2排出量(550t-CO2の見込み)を、買い受けたJ-クレジットで代理無効化することによりオフセットし、CO2排出量ゼロの電力として提供致します。

静岡県内のJ-クレジット創出者 日本製紙株式会社様 メロン農家様 クレジット購入→ 鈴与商事株式会社 代理無効化 環境価値→ 電力供給→ CO2排出量ゼロの電力供給 環境価値の地産地消 静岡県内の購入者 あいネットグループ様 株式会社ロジテムツムラ様

今後の展望

  • 鈴与商事では、今般の取組みとして、地元で創出された環境価値を地元で活用する「環境価値の地産地消モデル」の実現に向けた第1ステップであり、今後、環境に配慮した電力メニュー、地産地消に対する市場評価、活用等の検証を進め、平成28年度中に制度化が見込まれる電力料金メニューに応じたCO2排出係数(メニュー別排出係数)の早期導入を検討します。
  • 電力事業の開始以降、再生可能エネルギーを中心とした電源構成にて電力供給を行って参りましたが、新たに「環境価値の地産地消モデル」の実現に向けた取組みを進めることで、更に環境への配慮度合を高めると共に、 CO2排出量削減に取り組まれている地域の事業者様を支援させて頂くことで、地域に密着した地方新電力としての役割を果たして参ります。

電力使用者の声

電力購入先は、信頼のおける地元企業であることが重要な選定基準

  • 平成27年6月より順次、電力購入先を従来の大手電力会社から、地元企業の鈴与商事へ変更しました。当グループでは、地域貢献を重要な使命と考え、これまで地域の方々と共に歩んで参りましたので、電力購入先を切替える際にも、信頼のおける地元企業であることを重要な選定基準としました。
  • 今般、鈴与商事から、静岡県内のメロン農家による未利用資源(木質バイオマス)の活用や、森林間伐プロジェクトによって創出された地元産の環境価値を、電力とセットで提供して頂けるとのお話を頂きました。同じ静岡県内の企業として、温室効果ガス削減に取り組まれている地元業者様の支援に繋がればと思い、提案を受け入れることとしました。
  • 私ども結婚式場のお客様は、地元にお住まいの方が大半であり、地域の皆様に支えられておりますので、これからも地域イベントへの積極的な協賛を行っていくと共に、今般の地産地消への取組みに参加することで、環境面からも地域貢献の役割を果たしていければと思います。

あいネットグループ
代表取締役社長 杉山茂之

あいネットグループ 代表取締役社長 杉山茂之

  • 結婚式場 マナーハウス エリザベート 外観結婚式場 マナーハウス エリザベート 外観
  • 結婚式場 ロイヤル セント ヨーク 外観結婚式場 ロイヤル セント ヨーク 外観

オフセットされた電力を購入することで、当社のCO2削減目標の達成に大きく寄与

  • 今年の4月から、電力購入先を従来の大手電力会社から地元企業の鈴与商事へ変更しました。
  • ツムラグループとしては、CO2削減目標を中長期的に設定し、地球温暖化防止に貢献する取組みを進めておりますので、電力購入先を切替える際には、経済合理性はもちろんのことですが、CO2排出係数の低い事業者であることも重要な選定基準としました。
  • 電力部門のCO2削減に取り組んだ後は、機器改善による省エネ対策としてLED化など、更なる省エネ化の検討も進めております。しかしながら、空調が使用電力量の大部分を占める倉庫業において、保管商品の温度管理を維持しつつ、さらに節電活動を行うことは、自社の企業努力だけでは非常に難しい課題でした。
  • 今般、鈴与商事から代理無効化によるオフセットの取組みを伺い、地球温暖化防止に少しでも貢献できればと思い、提案を受け入れることに致しました。オフセットされた電力を購入することで、当社のCO2削減目標の達成に大きく寄与することになりました。
  • 今後、メニュー別排出係数のリリースも検討されているとのお話も頂きましたので、こうした提案を頂きながら、グループ全体での環境対策にひき続き取り組んでまいります。
  • 株式会社ロジテムツムラ 管理部 人事総務課 課長補佐 有村好史
    株式会社ロジテムツムラ 管理部 人事総務課
    課長補佐 有村好史
    鈴与商事株式会社 担当者
  • 株式会社ロジテムツムラ 外観株式会社ロジテムツムラ 外観

「環境価値の地産地消」で学生・生徒自身が電力の環境性を再認識する機会に!

  • 平成26年4月より、電力購入先を従来の大手電力会社から、地元企業の鈴与商事へ変更しました。
  • 当法人では、環境に優しいキャンパス作りの一環として、空調の温度管理の徹底や、クールビズ・ウォームビズの導入など、環境対策を積極的に取り組んで参りました。
  • 鈴与商事への電力切替後は、電力使用状況の”見える化”資料を提供して頂けるため、この効果について数値に基づき実感し、環境対策への意識をより高めることができました。
  • 今般、鈴与商事より、地元で創出された環境価値を地元で活用する「環境価値の地産地消」の取組みを伺い、学生・生徒自身が利用する電力の環境性を再認識する機会になればと思い、協力させて頂きたいと考えました。
  • 当法人は平成29年には創立130周年を迎え、地域に根ざした学校としての存在意義を発揮出来る様、努めていければと思います。

学校法人静岡英和学院 理事長 石井博文

学校法人静岡英和学院 理事長 石井博文

学校法人静岡英和学院 外観静岡英和学院大学 外観

クレジット創出者の声

静岡県内の森林間伐を促進

  • 日本製紙株式会社は、国内に約9万ヘクタールの森林を所有し、その全てSGEC森林認証を取得、木とともに未来を拓く総合バイオマス企業として持続可能な森林経営を行っています。
  • 今回の取組みで活用されたJ-クレジットは、富士山南西麓に位置する北山社有林(富士宮市)の適切な森林管理(間伐)活動によるCO2吸収が認証されたもので、今後も、このような取組みを介して、地域との共生を図ってまいります。

静岡県内のメロン栽培の温水ボイラーを木質ペレットを利用した温水ボイラーに更新

  • 静岡県のメロン農家

    実施地域:静岡県

  • メロン栽培施設の加温に用いる温水ボイラーを重油焚き温水ボイラーから、木質ペレットを利用した木質バイオマス焚き温水ボイラーへの燃料を更新することによりクレジットを創出しています。

その他の事例