• 創出
  • 自治体(水道事業)

(2015年12月現在)

自治体が創出したクレジットで、銀行の消費電力をカーボン・オフセット

  • コスト削減
  • クレジット売買益
  • ビジネス機会獲得
  • 社内教育

バイオガス発電の導入 J-クレジット創出 自治体柏崎市ガス水道局自然環境浄化センター 下水道処理場へのバイオガス発電機導入 エネルギーコスト削減 CO2排出量削減 J-クレジットの認証 国 J-クレジットの売却 資金循環 資金 J-クレジット活用 金融機関第四銀行 クレジットを購入して、「グリーンATM」などのカーボン・オフセット事業を展開 グリーンATMの設置 金融商品の差別化 市民 グリーンATM利用による環境貢献活動への参加 地元企業 ローン利用による省エネ機器導入促進

柏崎市ガス水道局は、再生可能エネルギーによるエネルギーの地産地消を目指す「柏崎市バイオマスタウン構想」に基づき、バイオガス発電でCO2を削減し、J-クレジット制度に参加しました。柏崎市ガス水道局が創出したクレジットは、県内の金融機関・第四銀行が購入し、ATMの消費電力をカーボン・オフセットする「グリーンATM」という取組みを始めています。地域住民は、「グリーンATM」を利用することで、日常的にCO2削減に貢献することができます。

  • エネルギーの地産地消を目指した「柏崎市バイオマスタウン構想」エネルギーの地産地消を目指した「柏崎市バイオマスタウン構想」
  • マイクロガスタービン95kW×2台マイクロガスタービン95kW×2台
  • 消化ガス圧縮機 2台消化ガス圧縮機 2台
  • J-クレジットを購入した第四銀行J-クレジットを購入した第四銀行
  • 第四銀行の「グリーンATM」第四銀行の「グリーンATM」
  • カーボン・オフセット付だいし省エネ設備応援資金カーボン・オフセット付だいし省エネ設備応援資金

制度参加のきっかけ・効果

【創出】年間670tのCO2削減をクレジット化。その活用がエネルギーの地産地消につながる

柏崎市ガス水道局下水道課 自然環境浄化センター 場長 内山 雅彦

柏崎市ガス水道局では、今まで焼却処分をしていたメタンガスを有効活用できるバイオガス発電を導入し、CO2排出量を削減しました。過去に木質ペレットによるCO2排出量取引を活用した経験があり、そのメリットを実感していたため、今回削減したCO2排出量をJ-クレジットに申請しました。バイオガス発電機の導入により施設で使用する電力の約3分の1をまかなえるようになり、購入する電力が減ったことでエネルギーコストを大幅に削減できました。
また年間670tのCO2削減で、クレジットの売却益を得られました。創出したクレジットを地元企業に購入頂いたことにも大きな効果を感じています。市民の身近なところで「環境貢献活動の啓発」が行われており、地元企業や市民の地球温暖化防止への取組みのハードルが下がり、エネルギーの地産地消の可能性を広げています。 柏崎市ガス水道局下水道課 自然環境浄化センター 場長 内山 雅彦

【活用】クレジットを活用し独自の金融サービスを展開。地域の環境貢献活動を促進

第四銀行 営業本部 兼 地方創生推進本部 コンサルティング推進部 上席調査役 佐藤 順

「グリーンATM」は、「使えば使うほど環境貢献」をコンセプトにして、ATMの稼働に伴い発生するCO2を、新潟県内で創出されたクレジットでカーボン・オフセットします。
今回、柏崎市ガス水道局のバイオガス発電機導入プロジェクトによるクレジットを購入していますので、「グリーンATM」をご利用いただいたお客様は、間接的にこのプロジェクトを支援し、環境貢献活動が行えます。さらに、J-クレジットを使ったローンも展開しており、省エネ設備を導入する企業や団体に向けた融資を行っています。こうしてローンをご利用いただく企業様にも環境貢献活動に取組んでいたければと考えております。 第四銀行
営業本部 兼 地方創生推進本部 コンサルティング推進部
上席調査役 佐藤 順

プロジェクト情報

方法論

EN-R-007 | バイオガス(嫌気性発酵によるメタンガス)による化石燃料又は系統電力の代替

方法論はこちら

【削減方法】

ボイラー等の熱源設備、自家発電等の発電設備、又はコージェネレーションにおいてバイオガスを使用し、それまで使用していた化石燃料又は系統電力を代替する。

ベースライン 化石燃料 熱源設備等 プロジェクト実施後 バイオガス バイオガスの利用で、化石燃料や系統電力等の使用が削減される。 熱源設備等 発電機

CO2排出削減見込み量

670t-CO2/年

プロジェクトの動画

J-クレジット制度事例紹介
新潟県柏崎市ガス水道局
バイオガスを利用した初のJ-クレジット
<動画再生時間:5分41秒>
プロジェクト登録申請手続について
プロジェクト登録申請手続支援について

その他の事例